ラジオと防災シンポジウム
「災害時における市民の行動とコミュニティ放送の役割
~3.11 あのとき、CFM局はこう動いた~」

2011年3月11日、誰もが予想し得なかった東日本大震災。
突然の大災害に対し、各地のコミュニティ放送局は、どのように対処し、
どのようにして情報を市民に伝えていたのか-。

今般の大震災の実態を踏まえ、災害時におけるコミュニティ放送局の使命・役割を、放送関係者だけでなく、市民や行政が再認識するためのシンポジウムを、エフエムいたみの加盟するJCBA(日本コミュニティ放送協会)近畿地区協議会の主催と伊丹市の共催で開催します。

ぜひ、ご来場ください。

<開催概要>
●平成23年11月25日(金)午後1時~3時
●アイホール(JR伊丹駅前)
※入場無料(定員200人・来場者には非常用グッズセットのおみやげ付き)
当日、直接会場へお越しください。

<内容>
【第1部・東日本大震災・被災局報告】 テーマ:あのとき、CFM局はこう動いた
・奥州エフエム(岩手県奥州市)取締役放送局長 佐藤 孝之氏
・FMあおぞら(宮城県亘理町/臨時災害放送局)放送担当総合チーフ 吉田 圭氏

【第2部・パネルディスカッション】 テーマ:災害時における市民の行動とコミュニティ放送の役割
パネリスト
・藤原 保幸氏(伊丹市長)
・佐藤 孝之氏(奥州エフエム)
・吉田 圭氏(FMあおぞら)
・原 拓生氏(和歌山県田辺市民)
・井関 悟(JCBA近畿地区会長・FMいかる)
進行役
中川 直子(JCBA近畿地区災害対策委員・ならどっとFM)

主催・日本コミュニティ放送協会近畿地区協議会
共催・伊丹市